忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/12 21:06 |
学園祭のステージ司会に夫婦そろって着物で行ったというハナシ




立教大学新座キャンパス学園祭『IVY Festa 2010』
おかげさまで無事に終了いたしました。
ご来場くださった皆さま、どうもありがとうございました!!

20101102_80.JPG




今年のテーマは『虹』でした。
入り口にあった虹のアーチ。




今年は、嫁と二人でのステージ司会。
お話をいただいた時はビックリしたのですが、行ってまいりましたよ。
ええ、着物で。(笑)

初日は台風の影響で、ステージイベントはすべて室内で行われましたが、
二日目は天気も回復し、屋外での開催となりました。

いやあ、バルーン イン ザ スカイできてよかった。
曇り空でも、やっぱりキレイだったなあ。
子供達のはしゃぐ姿がステージ上から見えると、本当にニコニコしてしまう。

20101102_75.JPG



新座少年少女発表会。
新座市立第二中学校吹奏楽部のみなさん。




二日目のゲストは
シンガーソングライターの辻 詩音さん。素敵な歌声を披露していただきました。
辻さん、間近で見たらすごく小柄でびっくり。
若いのにすごく丁寧な方でした。いい声だったなー。
思わずCD買ってしまいましたよ。
20101102_87.JPG



ピックがおまけでついてきました。




そして、お笑いライブは
COWCOWさんと狼少年さん。
いや、やっぱり盛り上げてくれますねえ。会場大喜びですよ。
♪ヘーイヘイヘイ しょうーへい♪
ステージ横から見ていたのですが、多田さんのお尻がやたらとセクシーだったのが印象的でした。
スタイルいいなあ。(笑)


休憩中にケータイを見ると、友人から着信が。おや?
なんと小学校同期のタカ&ヨシがお子さんと一緒に観に来てくれました。
忙しいのにありがとー
りーたんおっきくなったなあ。別れ際に手を振ってくれたのが嬉しかったです。わーい。

さらには、一昨年の実行委員の黒田さんや宮下さんが挨拶に来てくれて感動。
なんていい人たちなんだ・・・
黒田さんのおかげで、このイベントに参加できるようになったんだものなあ。
感謝、感謝です。


このあともステージ前は大盛況!!
色んなイベントが行われました。
毎年そうですが、お子さんやご年配の方、本当に幅広い年齢層のお客様がいて、みんな楽しそうなんですよね。ステージ上にいると、その様子がよくわかります。
その嬉しそうな表情を見られるのって、司会者冥利につきるなあと思います。

20101102_81.JPG




クラウンパフォーマンスサークル
『どりぃむぼっくす』は、IVYFestaに欠かせない存在。
学園内にいっぱいいるんだよ☆



20101102_83.JPG



新座最強のストリートダンスサークル『JG』。
いや、とにかくそのエネルギーは最強。
魂が熱いんだぜ!!



夕方からはグランドフィナーレ。
大いに盛り上がりました。
今年も「桃郎太!」コールもらったでー。
隣にいるのは嫁さんですと紹介したら、会場から
「本物ー??」
との歓声が。(笑) 本物ですよー。

雨がぱらつきはじめましたが、そんな中、大勢のお客様が集まってくださいました。
本当にありがとうございます。
最後は無事にIVYFesta名物の花火(なんと420発)が打ちあがりました。

花火の最中、ふとステージ前を見てみると、観客のかたも、実行委員のかたも、みんな無言で空を見上げていました。ただただ、じっと夜空に咲く花火を見つめていました。
そこには、それぞれの想いがあり、決して言葉では言い表せない何かがこもっていたように思います。

実行委員長の根岸さんが最後の挨拶で言葉を詰まらせてしまったように、無言の中にたくさんの、たくさんの想いが溢れていたのです。


実行委員の皆さん、本当におつかれさまでした。
よかったね。
よかったね。
本当に自分の事のように嬉しいんだ。

今年も素晴らしい学園祭になりましたね。
このイベントに関われて、本当に幸せでした。

20101102_74.JPG




実行委員会 企画局の皆さん。
スタッフの皆さんはずっと走り回ってました。


20101102_86.JPG


終了後に楽屋にて。
ステージ担当の安西さん・足立さんの名コンビ。





みんなの情熱と、そのあたたかさに
敬意と、そして大きな感謝を。





           小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)
PR

2010/11/02 22:48 | Comments(2) | TrackBack(0) | 外部出演情報
IVY Festa2010





今週のお話ですが、告知です。

今年も、大学の学園祭でステージ司会をやります。
↓↓↓

立教大学新座キャンパス学園祭
『IVY Festa2010』
10/30(土)31(日) 10:00~17:00
http://www.rikkyo.ne.jp/sgrp/ivy/

今年で三回目の司会となりました。
ありがとうございます!!



『IVY(アイビー)』とは『蔦(つた)』の事。
人と人の繋がりや出逢いを大切にしていこうという、この学園の理念を象徴しています。
地域密着型の、なんともあたたかい素敵な学園祭です。
ぜひ、ご来場くださいませ。
新座キャンパスの皆さん、今年もよろしくお願いいたします!



ちなみに、
今年は、嫁も一緒に司会やります。
はい、夫婦司会です。
がんばります。




小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)


 


2010/10/27 02:21 | Comments(0) | TrackBack(0) | 外部出演情報
IVY Festa2009終了!!


IVY Festa2009
全行程、無事に終了しました。

実行委員の皆さん、呼んでくれて本当にどうもありがとう。

すごいね。すごいね。
雨は、ちゃんと待ってくれたよ。
花火が打ち上がるまで、待ってくれたんだ。

これは決して偶然とは言い切れない。
いい公演やイベントには、そういう奇跡が起こるんだ。

みんなの真剣な気持ちがあったから、こうして、いい終わり方が出来たのだと思います。


今年も、本当に素敵な学園祭でした。
詳しくは、また書こうと思います。

実行委員並びに参加者の方々、そして、ご来場くださった皆様、どうもありがとうございました!!


※ ・・・なんて、感動的な文章を書いている最中に、財布を現地に忘れた事に気づき、駅からあわてて引き返しました。みなさん、帰るまでが遠足です。(笑)



          小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)





2009/11/02 03:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | 外部出演情報
IVY Festa2009初日終了!!








IVY Festa2009
初日が終了しました。

いやあ、いい初日でした!
盛り上がりましたねえ。


ステージで『怪談!まんじゅう怖い』を演じさせていただきました。
ハロゥインなので、かぼちゃバージョン。(笑)
実行委員の千葉さん達が造ってくれました。


ゲストライブの『ひまり』のお二人の歌声が印象的でした。
一緒に写真を撮っていただいたり。
年明けのライブ、頑張ってください!


中夜祭は大盛り上がり☆
「桃郎太!」とかけ声をたくさんいただきました。わーい☆
ご来場の皆様、盛り上げていただいて、そして楽しんでいただいてありがとうございました!
特にJGのみなさん、ありがとうございます!
イエー!


観客の方に「あんた、司会うまいねえ。」と言っていただいたのが、本当に嬉しかったです。


さあ、明日も盛り上がって参りましょう。


ではでは、おやすみなさい。




        小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)



2009/10/31 21:57 | Comments(0) | TrackBack(0) | 外部出演情報
脚本書いてます

最近、外部からのアクセス数が増えたなあ、と思っていたら、IVYFesta2008のHPからの訪問でした。
企画ページに、私の写真が載っています。

http://www.rikkyo.ne.jp/sgrp/ivy/

確かに、これを見たら何者なんだか気になるだろうなあ(笑)。
当日は、着物を着ていく予定です。
ああ、新しい着物が欲しい・・・。


開催日は11/2(日)・3(月)です。

詳細はこちら↓
立教大学新座キャンパス文化祭【IVY Festa2008】公式HP
http://www.rikkyo.ne.jp/sgrp/ivy/

当日、晴れるといいな。




さてさて、IVY の準備と同時進行で【えれくとろすなっく奈津美】の脚本を書いております。
岩☆ロックさんが早くも脚本をあげて来たので、こちらも頑張らなければ・・・
ロックさんは、来週末にJACROWという団体の舞台に出演するそうです。楽しみ☆


私の脚本のタイトルは

『年の瀬! 怪談・まんじゅう怖い ~ナスの与一再び~

に決定いたしました。


続編です。
”本当にまんじゅうが怖い男”、与一が帰って来ます。

お楽しみに!




                            小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)

2008/10/23 23:39 | Comments(2) | TrackBack(0) | 外部出演情報

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]