忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/23 11:09 |
小屋入り

本日より、小屋入りいたしました。

舞台を仮組みしての稽古だったのですが、やはり、雰囲気がガラッと変わりますね。

色々と、新たに見えてきました。

 

いつも通り、舞台は180cm四方。ミサイルさんが横になったら、スペースが半分無くなります。

この空間に最大4人が立つのですから、大変です。少ないながら、刀も使うし・・・。

出演者の皆さんには、色々と無理な注文を聞いていただいて、感謝しております。

 

よく、「主催で、出演も作・演出もしているなんてすごいですね!」と言われるのですが、

本当に、大して仕事はやっていません。いや、本当に。

座長などと言っておりますが、実際、私がしているのはおおまかな構成だけです。

今回、テキストの作成では、三沼さんにいただいたシーンを基にしたり、または、

ほとんどそのまま使わせていただきました。

役者の皆さんに、稽古をしていく中で、「そういうシーンを目指すなら、こんなやり取りはどう?」

といった具合に、たくさんのアドバイスをいただきました。

ミサイルさんにも、毎回ひとつは「ここで、相手がこう聞いたら、どんな台詞がでてきます?」

なんて無茶な注文をしています(そんな注文に、予想以上の答えを返してくるのが、

この方の凄い所なのですが)。

緊急に出演を依頼したため、チラシには名前が載っていませんが、役者Kさん(お楽しみ)

にも、シーン創りや、音のタイミング、そのほか沢山、お世話になっています。

なので、私は、稽古場で出てきたものを選択し、決定するだけです。

公演を観て、アナタが「あのシーン良い!」と思ってくれたら、多分、そこには参加者(スタッフも含む)

それぞれの味が上手く混ぜ合わさっているのでしょう。

 

あと1日、さらに煮詰めて、最後の仕上げ。

                                                      小櫃川 

 

 

 

 

PR

2007/02/02 02:35 | Comments(0) | TrackBack(0) | 稽古記録

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<初日終了 | HOME | 鏡玉、来たる。>>
忍者ブログ[PR]