忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/27 02:22 |
『皿屋敷』って、知ってます?

今回の作品の題材となっているのは,
怪談の『皿屋敷』(題名は岡本綺堂 著 『番町皿屋敷』をもじっております)ですが、
皆さんは、どんな風に内容を記憶しているでしょうか??
 
以前、『四谷怪談』を公演するとき、知人に
「今度『四谷怪談』のお岩役を演じる」と言ったのですが、
「ああ、あの、お皿を数えるヤツでしょ?」と言われまして、
「それは、『皿屋敷』のお菊じゃあ!!」
と、ツッコミを入れたことがあります(何人か居ました)。



『皿屋敷』というのは、ものすごく簡単に言えば、
 
お菊という女が、大事な十枚一組の皿を割ったために殺されてしまい。
その後、お菊の幽霊が、夜な夜な
 
「いちま~い、にま~い(中略)・・・いちまい足りな~い」(←ここは誰でも知ってますね。)
 
と、悲しそうに皿の数を数える・・・という怪談の総称なんだそうです。
落語でも有名。
話の設定は、各地方や噺家さんの作り方などで、若干変わってくるようです。
主なパターンは、
お菊は女中で、お菊を殺すのは殿様。
怒った殿様は、お菊を斬り、死体を井戸に捨ててしまう。
というモノでしょうか。
私も、このパターンで記憶しています。
 
 
で、今回の『番頭!皿屋敷』ですが
○ お菊という女性は主役ではありません。
○ 題名の通り、番頭さんが主役です。
○ 皿を数えるシーンはあります。
○ やはり、歌います。
 
さて、持ち時間は30分。季節は春。
どんな『皿屋敷』が飛び出しますか?
お楽しみに!
 
もし、興味がある方は、『皿屋敷』を
調べてみてください。より、楽しめます。
 
 
・・・しかし、こうなると
いつかやろうと考えている『牡丹灯篭』なんて、
最早、ほとんどの人が知らないんじゃないだろうか。
それも切ないなあ。
 
PR

2007/04/15 01:12 | Comments(1) | TrackBack(0) | 公演情報

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

べっ、べつにアンタのためじゃないんだからね!(´-ω-)★ http://www.e29.mobi/
posted by ageURLat 2012/04/06 10:45 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<『雪女』舞台写真 | HOME | ひかりがやって来た。>>
忍者ブログ[PR]