忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/23 01:53 |
『再現』がしたいのではなく

仕事先の仲間を招き、自宅ですき焼きパーティーを開催。
二回目です。
 
みんな年下なので、なんか、親戚が集まっているような気分になります(笑)。
けっこう買いこんだつもりだったんだけど、あっという間に完食。いやあ、素晴らしい。
ひとり、体調を崩して欠席。とても残念がっていました。
また、やるから、安心なさいな☆
 
夏には、そうめんでも作るかね?
 
 
 
多分、自分はこういう空気が好きなんだろうな、と思います。
 
 
一座の公演をする時も、そこは同じで、作品創りとは別に、どう観てもらうか、どう、その空間に居てもらうか、そこを考えます(とはいえ、これは気をつけないと公演自体を軟弱化させてしまうのですが)。
どうせ観るなら、心地よい空間がいい。
それは、キレイというわけではなく、色を持たせるという事です。
 
時代物の芝居というものが、すでに異世界の要素をもっているため、リアルに再現しようとすると、どうしてもアミューズメントパーク的にならざるを得ないのですが、しかし、それには膨大な費用がかかるし、演劇を中心に置くなら、それは有効な手段ではありません。
あくまで、それは一要素でなくてはならないと思っています。


ある時代の『再現』ではなく、自分なりの大切な要素を選んでいく。

ま、つまりは『イイとこ取り』です。
 
自分としては、
『非日常と日常の境目にまたがった、古風で身近な空間』
そういったモノを目指しております。


                                     小櫃川 桃郎太(おびつがわももろうた)
PR

2007/06/14 17:04 | Comments(0) | TrackBack(0) | 雑記

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<寄席に行ってきた | HOME | 私の中のあなたと私>>
忍者ブログ[PR]