忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 20:49 |
ダルカラミタカラ!!!!






予告通り行ってきました!

Mrs.fictions presents
『15MINUTES MADE  VOLUME5』

日本語無し! 読めん!


6団体それぞれ、持ち味が違って面白かったのですが、
ふな蔵さんが言っていたとおり、後半3団体が特に素晴らしかったです。


青☆組
『恋女房』
作・演出:吉田小夏

ヤバイ!!
俺、これ大好きです。
シュールであやふやでシニカルで、緻密な計算と確信犯的な構成。
誰でも楽しめる作りながらも、実は重たいテーマを孕んでいるのって好きです。
ビックリなのは、これを書いたのが女性だって事ですな。



東京ネジ
『再会(夏目漱石「夢十夜」より)』
作:佐々木なふみ
演出:佐々木香与子

うわあああ。
なんだ! この限り無い哀切と懐の深い底知れぬ優しさは!!

哀しみを知る人の、限りない人間賛歌・人間哀歌。
「またね」があまりに切ないです。

実は『みみ』を観たときは「ちょっと苦手だなあ」って思ったのだけど、
今回の作品でちょっとファンになってしまいそうである。



DULL-COLORED POP
『15分しかないの』
作・演出・音響製作:谷賢一

涙が出る。涙が出る。涙が出る。
舞台観て涙ぐんだの、久しぶりだぞ。
なんで俺、女性側に感情移入してるんだろう?

主演・堀奈津美の持つ「ダルさ」と
桑島亜季・境宏子・千葉淳の奏でる音の配合が、見事。
会場の空気を完全に支配していた。


ある意味【演劇】というものを体言してみせた作品ではなかったか。
なんて事を思う。

ちくしょう。こいつらオシャレな劇団だったんだな。知らなかった。
うまいなあ谷賢一め、こんな手札も持っていたのか。
テレビドラマのように見えても、絶対にこの味は映像では出せない。
出せないのです。

負けないもんね!
俺は、自分にしか出来ない世界感で勝負するもん!




この公演、明日まで。
池袋シアターグリーンBOX in BOX THEATERでやってます。
観るべし。観るべし。



※写真は、なっちゃんとチバジュンと自分(今回、着物)。
なんか、ワルい顔(笑)。



 
                    小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)

PR

2009/03/14 12:59 | Comments(0) | TrackBack(0) | 観劇記録

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<名は体を・・・ | HOME | じっくり ことこと煮込んだ リーディ ング>>
忍者ブログ[PR]