忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/23 01:53 |
クロムモリブデン『恋する剥製』




クロムモリブデン初観劇です。


小林タクシーさんから「きっと桃郎太さんは好きだと思います。」とのメールをいただき、行ってみました。

うん、好きですね。(笑)


ポップで爆音るんるんシュールでお洒落るんるん
全体の色合いが素敵ですねえ。


とても毒のある危ういテーマを扱いながら、あくまで馬鹿馬鹿しく軽快に進むストーリー。

途中から「あ、ダークな方向に進むのかなー。いたたまれない話になるのかなー。」と思って観ていたのですが、最後まで、そのギリギリの境界線の上を駆け抜けて行ったところが、とても好きです。この辺は好みでしょうけどね。

創り手側からすれば、いくらでも重たい作品にでも、もっとどーでもいい話にでもできたのでしょうが、『こっちからこっち』のライン上を疾走して行く様が、大変楽しかったです。
ラストも「あ、ここで終わるの!?」と観客を煙に巻き、偶像を残して去る確信犯的な終わらせ方でした。
自分はてっきり、あとワンシーンあるのかと思って観ていたのですが、他の観客の方々はどう感じたのかしら?

個人的には、「もっと駆け抜けてもいいんじゃない!? ヘイヘイ!!」というところもあったのですが、とても楽しゅうございました。
音の入れ方とか、参考にしたいな。

タクシーさん、おつかれさまでした!!




全然関係ないけど、
「タクシーさんて、本当にリリーフランキーに似てるよなあ・・・」
なんて思いながら歩いた帰り道。三日月





        小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)

PR

2010/07/02 21:41 | Comments(0) | TrackBack(0) | 観劇記録

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<お中元 | HOME | 世界の秋葉原の中心で『メイドSaaaaan!!!』と叫ばずに照明機材を買う>>
忍者ブログ[PR]