忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/22 13:37 |
各作品の総括②



【年の瀬!怪談・まんじゅう怖い ~ナスの与一再び~
作・構成 小櫃川桃郎太





初の続編でした。

今回、目標とした「初めて観る方にも楽しんでいただけるように構成しながら、
新たな物語を展開させる」
というところが、予想した何倍も難しく、
台本が大幅に遅れたうえ、この作品だけ30分になってしまいました。
快く了承してくれたロックさん・猫道さんに感謝いたします。

そして、それだけ伸ばしながらも、「なぜ、まんじゅうが怖いのか?」という重要な部分には
今回は触れていないのは・・・あえてなのですが、やはり最後まで悩みました。
ううむ、どうだったのかなあ。


さて、一座の作品では初めて、登場人物が男性のみでした。
これが、案外よかった。男ならではの人情って,あるんですね。


 


私の役どころは決まっていたため、ロックさんと猫道さんには
「とても普通の役」として立ってもらいたいなあ、と思いながら、書きました。


ロックさんの演じた朝太郎は、とても不器用で優しく、
ナイーブな面がうまく出ていました。
終盤のシーンで再び
「今年は大晦日、帰って来いよ。」と言った時の“兄”への変化。素敵でした。

猫道さんの演じた音二郎ですが、まあこれが予想以上に面白うございました。
真面目できっちりしていながらも、やはり頑固で不器用。
兄貴に対するわずらわしさとすれ違いが絶妙のバランスでした。


冒頭で、二人が久しぶりに会うシーンが、全体の肝だった訳ですが、いい空気を創ってくれました。

このキャスティング、我ながら良かったと思っております。




書き始めた当初、なぜか話が、えらく重た~くなってしまい、困りました。
ベースにしようとしたお話の設定に引きずられてしまったらしく、
稽古場に持っていっては、書き直し、書き直し・・・。

最終的にああいったお話になりました。
いかがだったでしょうか?


この【怪談・まんじゅう怖い】はシリーズ化を企んでおります。
皆様のご意見・ご感想など、小櫃川一座宛に送っていただければ、幸いでございます。


あ、あと歌のシーンの写メを撮った方、是非送ってください。
こちらまで。↓↓

『小櫃川・歌う写メ』係
ob2-mo2@r4.dion.ne.jp
*タイトルに、お名前を入れてください。



長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。



                       
                      小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)

 

PR

2008/12/25 21:53 | Comments(0) | TrackBack(0) | 舞台記録

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<2008年の『七味五悦三会(しちみごえつさんえ)』 | HOME | 各作品の総括①>>
忍者ブログ[PR]