忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/22 20:50 |
『プリンと生肉』の付け足し



昨夜書いた『今日も、ふつう。』のラストシーンの解釈についての補足。


私は「何、キレイに終わろうとしていやがる」と考えた訳ですが、
その想いが浮かんだのは、あのシーンにある種の「美しさ」を感じてしまったからではないかと思うのです。


歪んだ関係と歪んだ状態。

そこに産まれた、歪んだ愛憎のカタチ。


歪んだゆえの美しさを感じてしまったため、理性が「いや、認めん」と否定をしていたのではないかな、と。
そんな事を、和菓子を箱詰めしながら考えました。


まあ、やっぱり認めないけど。
ふざけんな、と思うけど。



和菓子の箱を包みながら、
自分の内側の蓋を開ける。


そんな日曜日の朝。




     小櫃川 桃郎太(おびつがわ ももろうた)

-----------------
sent from W-ZERO3

PR

2008/12/15 01:33 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<それは最初で そして最後で | HOME | プリンと生肉>>
忍者ブログ[PR]