忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/23 11:18 |
長らくお待たせいたしました!
 


 
長らく、更新ができず、申し訳ありませんでした!!
書き溜めていた日記も多々あるので、随時掲載していきます。


まずは、2008年最初の舞台出演情報。
昨年ワークショップに参加した、恩田ゆみさんプロデュースの公演に客演いたします。
タイトルは


『恩田ツアー2008 世界の雛形とタイムマシーン製作講座』

作・演出
恩田ゆみ

出演   
伊都子
小櫃川桃郎太(小櫃川桃郎太一座)
辛嶋宏章
じゃっかる
竹田みずき
森田金魚(石神井童貞少年團)
山森信太郎
渡辺正和(ボーナス・ストレッチ)
佐々木さりえ
恩田ゆみ



HP
はこちら!!
パソコンをお持ちの方はぜひ見てみて下さい。
私も写真つきで出ております。

【恩田ツアー2008
http://onda-tour.com

ちなみに、役者達のコメントが載っておりますが、質問は
『言葉』ということばから、あなたが思いつくことは何ですか?
というもの。ううむ、興味深い。

このブログの過去記事「サトウハチローと藪の中」で、
恩田ツアーワークショップについて書いています。そちらも覗いてみてください。

詳しい情報も随時掲載していきますので、お待ちください。

ではでは、新たにスタートでございます!!




                                 小櫃川桃郎太(おびつがわももろうた)
PR

2008/02/06 22:54 | Comments(2) | TrackBack(0) | お知らせ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

恩田ツアー、面白そうですね♪

昔、ロンドンにいた友達が、あるダンスカンパニーのチケットを取ってくれたのですが…

始まると、ホールで踊っていたダンサーがいきなり夜の街へ走り出す。20人くらいいたお客さんは、取り残されるわけにも行かずつられて走る。なかにはハイヒールの中年女性も。しばらく走ると、裏通りの大きな錆びた鉄門の前でダンサーが踊り始める。ダンサーめがけて、どこかから生卵が飛んでくる(お客さんも避けながら見る)。ダンサー再び移動開始、少し疲れてきたので歩き。お客さんが少し脱落。空き地やガスタンクの広がる寂しい場所に一軒の納屋が現われる。中は薄暗くライトアップされていて、鉄でできた不思議な鳥のオブジェが置かれ、ダンサー梯子に絡み付いて踊る。そこからは本来の目的、ロンドンのかつての水源をめざして水路沿いに進む。水源と思われる場所は墓地のようで、バックからライトを浴びた5人のダンサーがシルエットで踊ってフィナーレ…。

ほとんど無名のカンパニーでしたが、私にとって忘れがたい公演のひとつ、友達と感動覚めやらぬ一夜を過ごしました。

今度の公演にちょっと似た匂いを感じるんだけど…どうかな~?



posted by カルミンat 2008/02/10 11:01 [ コメントを修正する ]
うわあ!! すごくイイ体験談ですね☆

今回の公演に、確かに近いものを感じます。


恩田ツアー2008は
「いわゆる【演劇】の公演ではありません。」とハッキリ名言している、粋な作品です。
「ことば」とは? 「演じる」とは? 
虚構の中の虚構 視点の移ろい 箱庭の盆踊り
案外、小櫃川一座のコンセプトにも通じるところがあったりします。


私も、今回の作品の中で、自分がどう映るか、楽しみです。
posted by 小櫃川 桃郎太at 2008/02/14 00:23 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<和菓子の店 | HOME | 新春のご挨拶>>
忍者ブログ[PR]